二重にするメリットやクリニックによる違い

二重の施術について

顔に触れる女性

クリニック選びのコツ

現在日本にはありとあらゆる日に関するクリニックがあり、施術方法も数え切ることはできません。その中でも人気を高めているのが、二重への整形です。プチ整形とも呼ばれていることからもわかるように、二重整形はリスクが低くリーズナブルな料金設定となっているので、気軽に行うことができるというメリットがあり年々人気を高めています。二重にすることで目が大きくぱっちりして見えて、顔の印象を大きく変えることができます。二重整形と一口に言っても、大きく分けると埋没法と切開法の二つがありそれぞれ方法や料金、メリットには違いがあります。もちろん二重整形は簡単とは言っても、リスクがゼロというわけではないのでよく理解した上で行うようにしましょう。日帰りで行うことができ、施術時間もかなり短くダウンタイムもほとんどないなど、二重整形には気軽に行えるポイントが豊富にあります。美容整形の中でも身近な存在であり、周囲からの理解も得やすいので二重にしたことが知られても、特に問題に感じることもないのも人気の理由ではないでしょうか。
二重整形が身近になったこともあり、施術を受けることができるクリニックも増えていますが、どこを選んでも同じというわけではないので気をつけなくてはなりません。料金や施術方法、医師の腕の良し悪しなどチェックしておくべき点は多々あります。二重整形をする時に比較しやすいポイントとなるのは、金銭面のちがいですが安いというだけで判断しないように気をつけましょう。リーズナブルでも腕が良くなければ納得できる仕上がりにはならず、予期せぬトラブルにもなりかねません。そうならないためには、医師の実績が豊富にありアフターサポートも充実しているのかに注目しておくべきです。豊富にあるクリニックの中から一つを選ぶためにも、カウンセリングを受けてみることが大切です。料金や施術方法の説明がわかりやすく、質問にはきちんと返答してくれるクリニックを選ぶことが基本となっています。二重整形は比較的簡単な施術ですが、不安な気持ちを払拭するためにも医師との相性が合いかも重要なので、しっかり話しておきましょう。

注射器

奥二重も美容整形で作れる

自然な仕上がりを求めて二重整形で、一重まぶたから奥二重にする患者さんも少なくありません。施術法には埋没法と切開法があります。奥二重にする方が同じ二重整形であっても、費用の相場が安くなるというメリットがあります。
ビフォーアフター

手軽な埋没法

埋没法はメスを使わない二重整形で瞼板法と挙筋法という2つの種類が行われています。日帰りで済む手術ですが麻酔を使用するので、術後は車の運転をしないようにしましょう。運転は家族などに変わってもらう、または公共交通機関を利用するのがおすすめです。
カウンセリング

二重にするメリット

二重整形は金銭面の負担も少なく、比較的簡単で気軽にチャレンジできる内容になっています。二重整形をする人も多く、珍しいことではないので今後二重にしたいという人も、カウンセリングにだけでもいってみるべきです。
室

若い世代の人にも人気

埋没法という二重整形であれば10代でも施術を受けることが可能です。埋没法はメスを使わないプチ整形で、糸でまぶたを固定して二重のラインを作ります。術後のダウンタイム期間は1週間程度と、回復が早いのも埋没法の魅力です。
医者

春に受ける人が多い手術

二重整形を受ければスッピンでも二重のラインをキープでき、朝のメイク時間を短縮できます。二重整形はいつでも施術を受けられますが、入学・入社など初対面の人と会う機会が増える春に患者さんが増える傾向にあるようです。

Copyright© 2019 二重にするメリットやクリニックによる違い All Rights Reserved.