二重にするメリットやクリニックによる違い

春に受ける人が多い手術

医者

スッピンでも目元に自信がもてる

一重まぶたや奥二重をパッチリとした二重にする、二重整形は1年中患者さんが多い美容整形の中でも人気の施術です。二重整形を受けるタイミングは人によりそれぞれですが、春になると施術を希望する患者さんが増えると言われています。春は環境が大きく変わる季節で、入学や入社によって初対面という人と会う機会が、他の季節と比べると確実に多くなります。一重まぶたや奥二重ともったりとしたまぶたに自信が持てない人は、新しい出会いの季節も憂鬱で仕方ないことでしょう。初めて会う人が増える春という季節だからこそ、二重整形にチャレンジして自分に自信をつけたいというケースが増えるのです。さらに、学生さんだと春休みで長期にわたり休みとなり、二重整形後のダウンタイム中に人に会わずに済むというメリットもあります。また春は花粉症の季節でもありメガネをかける機会が多くなりますが、術後に腫れが出ていてもメガネをかければ目立ちにくくなります。このように様々なポイントが重なって、春に二重整形を受けるという患者さんが増えると言われているのです。
毎日、アイプチやアイテープを使いメイクで二重のラインを作っているという人も、多いのではないでしょうか。ただし、メイクで二重のラインを作ることは可能ですが、メイクを落とせば元の重い一重まぶたや奥二重に戻ってしまいます。また忙しい朝の時間帯にアイプチやアイテープでラインを作るという、細かい作業を行うのは負担だと感じる人も多いようです。メイクで目元をパッチリとさせるのではなく、二重整形で二重のラインを作ればスッピン時でも、華やかな目元をキープできるのでおすすめです。二重整形は糸でまぶたを固定したり、まぶた自体をメスで切開・縫合して二重を作るので、顔を洗ってもラインは崩れません。アイプチやアイテープを使わなくてもパッチリ二重のままなので、朝のメイク時間を大きく短縮することができます。また、アイプチ・アイテープの接着成分でまぶたがかぶれてしまいやすいという人も、メイクによる肌トラブルを予防できるというメリットもあります。もし、毎朝のメイクで二重まぶたを自分で作ることに疲れたのであれば、二重整形にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

Copyright© 2019 二重にするメリットやクリニックによる違い All Rights Reserved.