二重にするメリットやクリニックによる違い

手軽な埋没法

ビフォーアフター

メスを使わないプチ整形

二重整形にはいくつかの施術法がありますが、その中でもメスを使わない埋没法は手軽に受けられるとして人気です。美容整形によっては全身麻酔を施して入院しなければいけないものもありますが、埋没法は局所麻酔と笑気ガスといった麻酔で済むので日帰りとなります。日帰りで済む簡単な二重整形ということもあり、施術当日はクリニックまで自家用車を自分で運転して移動したいと、考える人も少なくないようです。地域によっては公共交通機関のアクセスが悪く、クリニックに行くのに車で移動するのが便利というケースもあるでしょう。ただし、全身麻酔ではない・日帰りの簡単なプチ整形であっても、埋没法を受けた当日に運転するのはNGです。例えば局所麻酔の場合は一時的に目のかすみを生じることがあり、運転に支障が出る可能性も考えられます。笑気ガスは手術に対する緊張や不安など、精神的な負担を和らげる作用のある麻酔で、浮遊感を感じやはり運転に支障が出るケースがあるようです。万が一のことを考えて自家用車でクリニックを受診する場合は、家族など他の人に運転してもらう、できない場合は公共の交通機関を利用するようにしましょう。
メスを使わないプチ整形の「埋没法」には、瞼板法と挙筋法という2つの種類があり、それぞれ手術の内容が異なります。瞼板法は二重整形の中でも最もポピュラーな手術法と言われており、 まぶたの皮膚の内側と裏側の瞼板という部分を細い糸で留めるという施術を行います。糸を留める数が増えれば増えるほど、二重のラインをキープしやすくなると言われており、1点留めから5点留めまでが一般的です。挙筋法は挙筋と呼ばれる目の筋肉と瞼の皮膚を固定して、目を開けた時にキレイな二重のラインが出るようにするのが特徴です。挙筋法の場合、瞼板法よりも二重のラインが取れにくいというメリットがあり、しっかりとした二重のラインをプチ整形で希望する人に向いています。同じ埋没法という美容整形ではありますが、このように瞼板法と挙筋法は施術内容や特徴、メリットなどが異なります。もし美容外科クリニックで埋没法を受けたいという場合は、特徴やメリットを比較して自分に合った二重整形術を選ぶようにしましょう。

Copyright© 2019 二重にするメリットやクリニックによる違い All Rights Reserved.