二重にするメリットやクリニックによる違い

若い世代の人にも人気

室

10代でも受けられる施術とは

高校デビューや大学デビューという言葉があるように、進学すると同時に自分のイメージを変えたいと考える10代も少なくありません。自分のイメージを変えたいというとき、まず自分が抱えている容姿のコンプレックスから変えたいと考える人も、多いのではないでしょうか。10代が自分の容姿でコンプレックスを感じるパーツとして、一重まぶたや奥二重といった目元が挙げられます。一重まぶたや奥二重は二重整形を受けることによって、パッチリとした二重まぶたにすることができますが10代でも施術を受けられるのか気になる所です。二重整形を受けられる年齢はクリニックによって異なりますが、多くの美容外科クリニックでは11歳から12歳から施術可能としています。二重整形を受ける時には目元に麻酔をしたり、メスを使わないプチ整形でもまぶたに糸を通すなどの施術を行います。この年齢以下だと麻酔時や手術時の不安に耐えられず、動いてしまう可能性がるので施術をしないクリニックが多いのです。高校デビューや大学デビューを考えて二重整形を受けたいという場合は、年齢的には問題なく施術を受けられます。
10代が二重整形を受けるという場合、メスを使わずに二重のラインを作る「埋没法」をチョイスすることになるでしょう。埋没法はまぶたの皮膚と瞼板や眼瞼挙筋という組織を、糸を通して固定することで目を開けた時にキレイな二重のラインを作る二重整形です。埋没法はメスを一切使わないプチ整形ということから、身体的・精神的なダメージが少なく10代でも比較的施術を受けやすいというメリットがあります。また、皮膚を切開して縫合するという手術を行わない埋没法は、術後のダウンタイムが短いのも10代に選ばれている理由の1つです。ダウンタイムというのは美容整形を受けたことによって起こる症状が、回復するまでにかかる期間のことを言います。埋没法の場合は個人差はあるものの術後、約2日から3日程度は強い腫れや痛みが出ることがあるので、この期間は安静にしておきましょう。術後1週間もすれば腫れはほとんど収まり痛みも感じることは無くなり、二重整形を受けたことも周囲にバレにくくなるようです。このようにダウンタイムの期間が短く、周囲に二重整形を受けたことが知られにくいのも10代に埋没法が選ばれているのでしょう。

Copyright© 2019 二重にするメリットやクリニックによる違い All Rights Reserved.