二重にするメリットやクリニックによる違い

奥二重も美容整形で作れる

注射器

奥二重にすることで得られる自然な目元

二重整形といえばパッチリとした二重のラインを作る美容整形という、イメージを持つ人がほとんどなのではないでしょうか。確かに幅の広い二重のラインを希望する患者さんが多いのですが、中には一重まぶたから奥二重にしたいということで、クリニックを受診する患者さんも少なくないようです。二重には目頭から目尻にかけて平行にラインがある平行型、目頭から目尻に向かってラインが広がる末広型、そしてラインはあるけれど一重のように見える奥二重があります。奥二重の場合は一見すると一重のように見えますが、一重よりも目が自然と大きく見えるというのが特徴的です。二重整形を受ける際、気になるのが「美容整形を受けたことが周囲にバレてしまうのでは」ということですが、奥二重であれば術後も不自然に目立ちません。幅の広い二重にしたケースだと家族や友人、職場の人などいつも顔を合わせている人に見られたら、顔が変わったことに気づかれてしまいやすいでしょう。一重まぶたから奥二重への変化であれば目は大きく見えつつ、不自然な変化は起こり難いので周囲にバレにくいという訳です。
人によって二重のラインが両目で異なることがあり、片方は奥二重だけれど片方は一重まぶたというケースも少なくありません。パッチリとした二重のラインにはしなくても、一重まぶたの方をもう片方の奥二重と合わせたいということで、二重整形を受ける患者さんもいます。一重まぶたから奥二重へとする場合は、プチ整形の埋没法かメスを使う切開法という二重整形から選ぶのが一般的です。二重整形は二重のラインを広げれば広げるほど、一重まぶたに戻りやすいと言われていますが奥二重であれば、ラインを維持しやすく後戻りしにくいと言われています。二重整形の効果が長くキープしやすいというだけでなく、一重まぶたから奥二重への整形は費用面も抑えることが可能です。一重まぶたからハッキリとした幅の広い二重にする場合、埋没法の相場は5万円から10万円、切開法は20万円から30万円ほどです。一重まぶたから奥二重にする場合はというと、埋没法の相場3万円から10万円、切開法の相場で15万円から25万円程度となっています。このように同じ二重整形でも一重まぶたから奥二重にするほうが、費用が安くなるクリニックが多いようです。

Copyright© 2019 二重にするメリットやクリニックによる違い All Rights Reserved.